ロゴ

マウスピース矯正で目立たない【見た目が気にならない矯正方法】

マウスピース

マウスピース矯正とは

名古屋の歯科矯正クリニックでも行われているマウスピース矯正は、歯の裏側に矯正装置を付ける裏側矯正と共に「見えない矯正」と呼ばれています。この透明のマウスピースを付ける矯正方法には、インビザラインやクリアアライナーをはじめとする、いくつかの種類があります。インビザラインが矯正の開始から終了までのマウスピースを1度に作製するのに対して、クリアアライナーはマウスピース交換ごとに歯型を取って作ります。どちらも、見た目は、良く見ないと矯正中なのがわからない程度で、自分自身で着脱ができるという大きな特徴があります。ただし、1日17時間以上は装着している必要があり、患者さんの中には食事ごとの着脱や歯磨きが面倒になってしまう方もあるようです。ですので、自由に付け外しができる分、患者さんの矯正に関する意識の高さが必要とされることもあるかと思います。

男性

ストレスフリーの矯正治療

マウスピース矯正のメリットは、なんといっても目立たないことでしょう。笑ったり、おしゃべりしたりする時に口元を気にすることもなく、ストレスを感じずに矯正が続けられます。また、食事中は取り外せるので、従来の金属製のもののように食べ物がつまったり、器具がじゃまだったりということがありません。食後の歯磨きで口の中を清潔に保てるので、矯正中にありがちだった虫歯や歯肉炎も予防できます。話す際も、ほとんど違和感を覚えることはないですし、金属のように口内が傷ついて痛いということも、金属アレルギーの心配もありません。費用もワイヤー矯正に比べると安いので、その点でもストレスを感じることは少ないといえるかもしれません。ただし、症例によってはマウスピース矯正で対応できない場合もあるので注意が必要です。まずは一度、名古屋の矯正歯科クリニックに相談してみることをおすすめします。